ヨガ

マッサージ整体エステ癒し検索iArea

ヨガ

Contents
 

ヨガ


ヨガ とは何でしょうか?正式にはヨーガというそうですが、ここでは、 ヨガ としています。皆さんはヨガとはというとアクロバットのように体をくねらせ、ひねらせたポーズをとる
運動のようなものがヨガだとお思いのことでしょう。

でも、ヨガとは本来はポーズをとるものでは、ありませんでした。

 

もともとヨガは、四千〜五千年前位のインダス文明が発祥の地といわれています。

その当時から約千年くらい前までは、ヨガはポーズをとっていませんでした。ただひたすら、瞑想をしていました。

ヨガとは当時瞑想のことを意味していたのでした。そして、精神世界を追求するのがヨガでした。それが約1000年位前から、ヨガはポーズをとるようになり、ハタヨガと呼ばれるもがでてきました。

 

では、なぜヨガはポーズをとるようになったのでしょうか?ヨガのポーズの歴史について
見てみましょう。

 

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』というハタヨガの経典といわれるものがあります。
その中に興味深いことが記載されています。つまり、ハタヨガはラージャヨガに至るため
の段階であるとされています。

 

ここでラージャヨガについて説明しないといけません。ラージャヨガとは、瞑想を主とした本格的な精神世界を追及するヨガのことです。

 

ですから、ラージャヨガには、皆さんがよく知っているヨガのポーズはありません。
瞑想によって、悟りを開くがごとくに「修行」をするのです。精神世界の追求は目に
見えません。ところが俗人は目に見えることしか信じられないし、求めることが出来ませんので、ヨガの奥義にはなかなか至れるわけにいかないというわけです。そこで、目に見えるヨガのポーズを通した肉体的鍛錬をして、精神世界へと拡張していこうとしたわけです。

 

ヨガのポーズと呼吸を通して得られる本来あるべき姿を求めて、あるべき姿とは、健康体であったり、精神の平和であったりしたわけですが、そこから、さらに精神世界の奥深くまで追求しようとするラージャヨガにつなげるというわけです。

 

 

これが、ヨガのポーズが出てきたゆえんでしょう。

 

ヨガは、簡単に言いますと呼吸と瞑想とポーズで精神と肉体両方の健康を向上するもの
だといえるでしょう。ヨガの瞑想と呼吸法をすると、不安定になりやすいストレスの多い現代人の心も安定して落ち着くことができます。

 

ヨガを行なうことは、有酸素運動ですから、運動不足の現代人がやると基礎代謝が向上
します。このため、ヨガをやると免疫力の向上や自律神経の活性化といった効果がみられるのです。


さらに、身体の歪みを矯正していくというヨガの効果もプラスされるのです

これにより、血液の循環が良くなり、体内の老廃物が体の外に排出されやすくなります。

 

ヨガはあくまでも「修行」と受け止められ、「エクササイズ」として考えられることはありませんでした。

しかし、 1990 年代後半、状況は一変します。「激しい運動はヒザや腰をいためる」「高齢者には負担が大きすぎる」などといった問題に加え、必要以上に激しい有酸素運動は活性酸素を生み出すものとの説が有力となったのです。

 

活性酸素とはいわゆる体のサビで、細胞を破壊し、内臓のトラブル、シミ・しわなどの老化を引き起こす恐ろしいもの。そのため、激しい運動は敬遠されるようになったのです。そんな中、体に一切負担をかけることなく、持久力、そしてしなやかな筋肉をつけることができる、「ヨガ」が注目を集め始めました。

 

そのヨガをアメリカでメジャーな存在にまで引き上げたのがマドンナです。マドンナがヨガに出合う転機となったのは、 1995 年の出産。それまでは、毎日 1 時間のジョギング、過酷な筋肉トレーニングで、女性としてはギリギリの 15 %まで体脂肪を落とし、かなりの筋肉体質で知られていたマドンナ。しかし、出産で体型が変化したのをきっかけに、肉体的だけでなくメンタル面にも効果が高いヨガに目覚めたのです。以来、マドンナはほぼ毎日、ヨガ教室に通い、自宅でもレッスンを続けたといいます。彼女は、アルバム「レイ・オブ・ライト」に、ヨガのひとつ「アシュタンギ」というタイトルの曲を入れたほど。また、 2000 年にはヨガの先生役で映画にも出演。その後も積極的にテレビや雑誌、そして友人たちにヨガのすばらしさを語り続け、その影響でセレブたちの間で一気にヨガブームが巻き起こったのです。「ブリジット・ジョーンズの日記」で 10 キロ近く体重を増やし、その後見事にダイエットに成功したレニー・ゼルウィガー、妹がヨガの有名トレーナーでもあるニコール・キッドマンをはじめ、メグ・ライアン、ドリュー・バリモア、ジュリア・ロバーツもヨガの愛好者。そしてお隣、韓国のチェ・ジウも、スタジオを本場インドの気候に近い 40 ℃にして発汗作用を高める「ホット・ヨガ」にハマっているといいます。さらに、ヨガはスポーツ界にも広がり、競泳界のプリンス、イアン・ソープや、ゴルフのタイガー・ウッズ、テニスのマリア・シャラポアらも、ケガの防止や集中力を高めるために、ヨガを取り入れているのです。


 

Copyright(C) マッサージ整体エステ癒し検索iArea. All rights reserved.

ヨガ