東洋式リフレクソロジー

マッサージ整体エステ癒し検索iArea

東洋式リフレクソロジー

Contents
 

東洋式リフレクソロジー

リフレクソロジーは、「 Reflex (反射)」+「 -logy (学問)」 → 「反射学」という意味を持っています。 足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を指でくまなく刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている自然治癒力を本来の状態に戻すという考えを基本とした足裏健康法です。

 

心臓から送り出された血液は、からだ全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、体内の老廃物などを受け取って再び心臓へ戻ります。このとき、からだの末端部分にある足は、心臓へ血液を送り返すためのポンプの働きをしていることになります。「足は第 2 の心臓」と呼ばれるのはこの理由からです。

 

リフレクソロジーは「第 2 の心臓」に直接働きかけることによって、血流を本来の状態に戻そうという技術なのです。 またリフレクソロジーは、手のみを使って足全体を刺激していきます。そのため、施術側と受け手側に心のふれあいが生まれるようになります。

 

欧米では、リフレクソロジーがターミナルケア(末期看護)として導入されており、リフレクソロジーが身体のみならず、心にも働きかける力を持っているということが広く認められています。

 

リフレクソロジーは、世界では中国や台湾などで普及している " 東洋式リフレクソロジー " と、アメリカ・イギリス・フランス・・・などで普及している " 西洋式リフレクソロジー " とに大別されます。 この " 東洋式リフレクソロジー " と " 西洋式リフレクソロジー " の大きな違いは、刺激の強さです。

 

もともと東洋人は、 " 良薬口に苦し " という言葉があるように " 痛みの強いものほど効く! " と考え、強い刺激を好みます。そのため東洋式リフレクソロジーは指の関節や棒を使い時には激痛を伴う程の痛みで刺激を行います。

 

Copyright(C) マッサージ整体エステ癒し検索iArea. All rights reserved.

東洋式リフレクソロジー