ピラティス

マッサージ整体エステ癒し検索iArea

ピラティス

Contents
 

ピラティス


ピラティスはもともと、 1900 年代初頭、ドイツ人のジョセフ・ピラティス( Joseph.H.Pilates )氏により考案されたリハビリ用プログラムです。
子供の頃から虚弱体質であった事から、それを克服したいと数多くのスポーツや身体運動を学んだピラティス氏。
その後、第一次大戦時に病院で看護師として働き、その知識を生かし負傷兵のリハビリトレーニングとしてピラティスを開発しました。

 

その後(1926年) ピラティス氏はアメリカに移住し、ニューヨークでスタジオを開設します。

 ピラティスは、マーサ・グラハム等、ニューヨークのダンサー達から支持を得て、更に発展を遂げ、様々な分野に広まりました。現在は、一部の医療関係者の間でも認められるようになっています。

 

ピラティスは元々が、負傷兵のリハビリとして開発されたものです。なので、負傷していてもベッドの上で行える内容で、体力の弱い方でも可能なエクササイズです。

日頃運動していない人が、いきなりハードな運動やエクササイズをするのは、ケガの元。
その点、もともとリハビリ目的で開発されたピラティスならば安心です。

それぞれの症状に合わせて、強度や難易度を変えられるエクササイズです。

 


ピラティスは「身体の再教育エクササイズ」とも言われています。

腰痛や肩こりのある方でも、ご自分の出来る範囲で、無理をせず、自分のペースで進いく

ことができます。なので、年齢性別を問わず、どなたにも行うことができます。

ただし、ピラティスは見よう見真似で行うより、しっかりとして理論を意識して行ったほうが効果が期待できるので、あまりにも小さな子供より、ある程度の年齢からが良いようです。

 

体の奥の部分を意識し、本来の筋肉の動きや働きを呼び覚まします。
身体の奥に隠れている、姿勢を保ち内臓を支えるインナーマッスル(ガードル筋)を鍛えます。

 

インナーマッスルとは、関節の深層部に細かに繋がる筋肉です。バーベルやダンベルなどで鍛えられる筋肉は、大胸筋や三角筋などのアウターマッスルです。
強い力を発揮するにはアウターマッスルが重要ですが、日常の動作で使われるのはインナーマッスルです。


関節をしっかりと固定する役目があり、肩こりや腰痛、関節痛 などの身体の痛みを解消し、ケガを予防し、バランスのとれた美しい身体を作ります。
そのバランスが整うことによって、インナーマッスルが使われる日常の動作や立ち居振る舞い、姿勢が整います。

 

ピラティスが、美しさを求めるダンサーやモデルなどに人気が高いのも、この効果を期待してのものと思われます。ピラティスでは、呼吸を重要視しています。
正しい呼吸をする事によって、緊張をほぐしリラックスさせ、血液の流れもスムーズにし、細胞も活性化させます。正しい呼吸を意識することで自然に背筋が伸び、ストレスの6割もカットする効果があるとも言われています。また、エクササイズへの集中力も高めます。ピラティスには、さまざまな動きがありますが、すべて呼吸法を合わせて行います。

呼吸法はしっかりマスターしましょう。

ピラティスで期待できる効果一覧

○ 脂肪燃焼効果
○ 身体の歪みを改善する
○ 正しい姿勢になる
○ 柔軟性のある、しなやかで質の良い筋肉が付く 
○ ヒップアップ、お腹や手足がスラリと引き締まる
○ リラックス効果、ストレスの軽減
○ 免疫力、体力の向上
○ 新陳代謝の促進、消化機能、精神機能の改善
○ 質の良い呼吸により、血液への効果的な酸素供給がなされる
○ リンパの流れが良くなる
○ 素肌を美しくし、より若々しくなる
○ 腰痛・肩こり・むくみ・冷え性・便秘解消・ストレスに関連した病気の軽減
○ スポーツ・オーバーワークによる怪我・身体の悪い癖を正す

 

従来のエクササイズやトレーニングは、身体の外側に太い大きな筋肉を作るものです。
アウターマッスルと言われる大きな筋肉を鍛えることは、強い力を必要とするときに、とても重要です。


しかし、強い筋肉をより強く鍛えあげるばかりで、弱い筋肉については弱いままでした。
そのためバランスを崩し、ケガのもとになることも少なくなかったのです。

身体の奥の小さな筋肉は、大きな力こそ出ないものの、日常のあらゆる動作の中で必要とされ、姿勢を正し、健康上重要な役割を担うものです。

 

ピラティスは、従来のエクササイズではなしえなかった、インナーマッスルと言われる身体の奥の小さな筋肉を鍛えます。
それにより、身体全体の柔軟性を上げ、ケガを予防します。
大きな筋肉に、ただがむしゃらに大きな負荷を与えるものではありません。

大きな筋肉を鍛えたい場合も、ピラティスをすると筋肉の質が良くなることで、
同じエクササイズでもより効果的になります。
そのためピラティスは、多くのスポーツ選手などからも注目されています

 

ヨガとピラティスは、同じような扱いを受けていたこともあるそうです。
また、ピラティスは西洋のヨガと言われていたりもするそうです。
しかし、実際には、ヨガとピラティスは大きな違いがあります。

○ 呼吸が違います。
ヨガは腹式呼吸ですし、ピラティスは胸式呼吸です。

○ 動き方が違います。
ヨガはポーズをとって静止しますが、ピラティスは常に身体を動かし続けます。

○ 目的、効能が違います。
ヨガは、精神統一による心身鍛練の方法で、より精神に重きを置いています。
ピラティスは、身体のゆがみを正し、筋肉を鍛えるなど、肉体面により重きを置いています。
ヨガよりピラティスの方が、運動的要素が強いと言えます。

また、ヨガでは特別な機械を使うことはありませんが
ピラティスの場合は、本格的になるとオリジナルのマシンを使うこともあります。

 

 

Copyright(C) マッサージ整体エステ癒し検索iArea. All rights reserved.

ピラティス