頭蓋仙骨療法

マッサージ整体エステ癒し検索iArea

頭蓋仙骨療法

Contents
 

頭蓋仙骨療法

 頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル・ワーク craniosacral work) は,クラニオセイクラル・セラピー (craniosacral therapy )とも呼ばれる.


  人体の正中部分には,頭蓋骨とその中にある脳,脊柱とその中を通る脊髄があり,それらは全体として硬膜に包まれ(硬膜は,頭蓋骨部分では骨の内側に付着し,骨膜に移行する),その内部は脳脊髄液で満たされている(つまり,脳と脊髄は硬膜組織でできた袋の中で,脳脊髄液という体液の中に浸かっている).更に,脳脊髄液の中には,命の息吹( breath of life =生命を生命たらしめている「生命力」そのもの)が生み出すポーテンシー( potency =生命エネルギー)が存在する.この組織−体液−ポーテンシーという,「生命体としての要」に直接働きかける治療手法が,この頭蓋仙骨治療である.


  治療として行うのは,頭蓋骨や仙骨にホールドして,それらの持っている周期的な微細な動きをモニターし,その動きを乱しているものを調べて,取り除いていくことである.そのため,外見上は,頭蓋・仙骨の動きを整えることが,頭蓋仙骨治療であるかのように思われているようだが,実はそうではない.


  頭蓋・仙骨の動きが整うことは,頭蓋仙骨治療にとって,必要条件であっても,十分条件ではない.もっとわかりやすく言えば,頭蓋仙骨治療が成功すれば,その結果として頭蓋・仙骨の動きは自然に整うが,頭蓋・仙骨の動きを整えても,必ずしも頭蓋仙骨治療が成功したとは言えないのである.


  頭蓋仙骨治療とは,頭蓋・仙骨に異常な動きをもたらす,エネルギーが不活性化して停滞した点(これを,停滞支点 (inertial fulcrum) と呼ぶ)を見つけだし,その停滞支点を除去することを目的とした治療なのである.

 

このエネルギーの停滞した点を除くことで,結果として頭蓋・仙骨の動きも整うことになる.頭蓋・仙骨の動きだけに着目して,意図的にその動きを整えようとしても,単に停滞支点が別の場所に移動するに過ぎないので,実際には,頭蓋・仙骨の動きは局所的に整ったように見えるだけに終わってしまうのだ。

Copyright(C) マッサージ整体エステ癒し検索iArea. All rights reserved.

頭蓋仙骨療法